afraid

0
    JUGEMテーマ:外国語学習

    1 afraidとfear
    口語ではbe afraidのほうがfearよりも一般的。
    Don't be afraid. (誤:Don't fear
    She’s afraid that I might find out. 
    Are you afraid of the dark?
    I'm not afraid to say what I think.

    2 I'm afraid = 'I'm sorry'
    I'm afraid (that)は「I'm sorry to tell you (that)」の意味で使われる。申し訳ない気持ちでお断りをするときや悪いお知らせを伝えるときに頭につける。
    I'm afraid (that) I can't help you.
    I'm afraid that there's been an accident.

    I'm afraid so/notという表現は短い返答として使う。
    Can you lend me a pound?
    I'm afraid not. (ごめんなさい、貸せません。)
    It's going to rain.
    ~Yes, I'm afraid so. (はい、そのようですね。。。)

    3 名詞の前に使わない
    Afraidは、名詞の前に置いて限定形容詞として使うことができない形容詞の一つ。
    John's afraid.
    John's a frightened man. (誤:...an afraid man

    形容詞:名詞が付かない場合

    0
      形容詞の後に名詞がつかない場合もある。

      1 特定の人たちのグループ
      The + 形容詞で特定の身体的社会的状況にある人々のグループを表現する。
      the blind
      the old
      the poor
      the young
      the unemployed

      通常、The + 形容詞の形は一般的なグループに使われるが、限定的に使われることもある。
      After the accident the injured were taken to hospital.

      The + 形容詞は複数と考える。
      所有を意味する「’」は使えない。
      正:the problems of the poor または poor people's problems
      誤:The poor's problems

      2 どの国の出身か(国籍)を表す形容詞
      Irish, Welsh English British, Spanish Dutch, Frenchなどshやchで終わる国籍を表す形容詞は、the + 形容詞でOK。そのあと名詞を続けなくて良い。
      The Irish are very proud of their sense of humour.

      国籍を表す名詞がある場合はthe + 形容詞は使わない。
      例えば、The Danes (オランダ人)、The Turks(トルコ人)など。The DanishThe Turkishとは言わない。

      3 the + 形容詞が単数として扱われる場合
      数少ないが公的文書や正式な場などで使われる以下の言い回しがある。
      the accused
      the undersigned
      the deceased
      the former
      the latter

      4 抽象的概念
      the + 形容詞で一般的な抽象概念を表す。哲学的な文献などによく使われる。単数扱い。
      the beautiful
      the supernatural 
      the unreal

      She’s interested in the supernatural.

      5 選択
      既に周知の事柄で名詞を付ける必要がないときは、形容詞だけで成り立つ。二つのものやその他の種類から選ぶときなど。
      Have you got any bread? 〜 Do you want white or brown?

      以下の例の場合、色を表す形容詞は「s」をつけて複数形で使われる。
      Wash the reds and blues separately. (=red and blue clothes)

      6 最上級
      最上級形の後は名詞が省略されることがよくある。
      I'm the tallest in my family.
      We bought the cheapest.

      as, how, so, tooの後にくる形容詞

      0
        通常形容詞は名詞の前につけるのが一般的だが、文章内で、as, how. so, too, this/thatが「とてもかわいいので」などの「とても(so)」を意味する時、形容詞はa/anの前にくる。フォーマルな文章の中でよく見られる。

        as/how/so/too/this/that + 形容詞 + a/an + 名詞

        I have as good a voice as you.
        She is too polite a person to refuse.
        How good a pianist is he?      
        I couldn't afford that big a car.
        It was so warm a day that I could hardly work. 

        名詞が複数の場合はこの構文は使わない。
        Those girls are too kind to refuse (誤:They are too kind grils to refuse.)

        | 1/1PAGES |

        selected entries

        categories

        archives

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        PRACTICAL ENGLISH USAGE(楽天)

        ADVANCED EVERYDAY ENGLISH(楽天)

        Practical English Usage【電子書籍】(楽天)

        イギリス英語Total Book CD BOOK(メール便送料無料)CD1枚付属 イギリス英語学習 アメリカ英語との違い

        recent comment

        recommend

         (JUGEMレビュー »)

        リアルな英語(英文法や英単語や熟語や句動詞など)を学ぶ手助けをしてくれる英語学習者のための本です。おすすめ!

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR