副詞?形容詞? 紛らわしいケース

0
    1 -lyでおわる形容詞
    -lyでおわる単語には通常は副詞ではなく形容詞であるものがある。
    例:costly, cowardly, deadly, friendly, likely, lively, lonely, lovely, silly, ugly, unlikely

    She gave me a friendly smile.
    Her singing was lovely.

    friendly/friendlilyやlovely/lovelily などは副詞ではない。
    she smiled in a friendly way. (誤:She smiled friendly.)
    He gave a silly laugh. (誤:He laughed silly.)

    Daily, weekly, monthly, yearly, early, leisurelyはいずれも形容詞であり副詞でもある。
    It's a daily paper.      It comes out daily.
    An early train            I got up early.

    2 形容詞と副詞が同じ単語の場合と副詞が2パターンある場合
    a fast car goes fastやif you do hard work, you work hardなどのように形容詞と副詞が同じ形をとる場合がある。あるいは、latelatelyのように副詞が2パターンある場合など、形容詞のように見えるものと-lyを伴うものだったりする。しかし意味や使い方は通常異なる。以下に例を挙げるが、詳しい情報については辞書を参照のこと。

    bloody: bloody(イギリス英語)などの卑語(swearword)は、形容詞としても副詞としても使用される。
    You bloody fool. You didn't look where you were going.
    ~I bloody did. 

    clean 副詞のcleanは忘れる(forget)や動きを表す表現の前に置いて「completely(完全に、すっかり)」を意味する。
    Sorry I didn't turn up.
    ー I clean forgot. (すっかり忘れていた) ※口語的な使い方
    The explosion blew the cooker clean through the wall.
    (爆発で調理器具が壁を完全に突き抜けた)

    dead 副詞のdeadは特定の表現において「exactly(まさに)」「completely(完全に)」「very(とても)」を意味する。
    例:dead ahead, dead certain, dead drunk, dead right, dead slow, dead straight, dead sure, dead tired

    注記:deadlyは形容詞で、意味は「fatal(命にかかわる、致命的な、など)」。この意味における副詞はfatallyとなる
    比較:Cyanide is a deadly poison.
    (シアン化物は命にかかわる毒です)ー形容詞
         She was fatally injured in the crash.
    (彼女は事故で命にかかわる傷を負った)ー副詞

    direct Directは口語的に副詞としてよく使用される。(directlyがあるにもかかわらず)
    The plane goes direct from London to Houston without stopping.
    50% cheaper ー order direct from the factory!

    easy Easyは口語的な表現で副詞的に使われることがある。
    Go easy! (=Not too fast!) Take it easy!(=Relax!)
    Easy come, easy go. Easier said than done. 

    fair Fairは動詞の後に置いて副詞的に使用されることがある。
    to play fair、    to fight fair、    to hit something fair and square

    fast Fastは「quick」と「quickly」の両方を意味する(a fast car goes fast)。fast asleepという表現ではfastは「completely」を意味する。またhold fast(しっかりholdする)やstick fast(しっかり突き刺す)やfast colours(あせない色)などの表現でfastは「tight(きつく、しっかり)」や「impossible to remove(取り除くことができない)」を意味する。

    fine:fine(=well)は副詞として口語的に使われる。
             That suits me fine.     You're doing fine
    副詞のfinelyは細かい、微妙な調節(調整)について語る時やそれに似た概念を語る時に使われる。
      a finely tuned engine、       finely chopped onions (= cut up very small)

    flat:Flatは音楽的意味において副詞的に使われる。(to sing flatはto sing on a note that is too lowを意味する)
    その他の場合は普通はflatlyが副詞形。

    free:副詞のfreeは(動詞の後に使う)「without payment(無料で)」を意味する。一方freelyは「without limit or restriction(制限なく、自由に)」を意味する。
    比較:You can eat free in my restauranta whenver you like.
            You can speak freely ー I won't tell anyone what you say. 

    hard:副詞のhardは「with a lot of force, energetically (力いっぱい、精一杯に)」を意味する。
      Hit it hard.     I trained really hard for the marathon. 
    Hardlyは「almost not (ほとんどない)」を意味する。
      I've hardly got any clean clothes left.

    比較:Ann works hard. Her borther hardly works. 

    highHighは高さのことを意味するがhighly(かなりフォーマル)は究極の度合いを表現する(「very much」と同じ意味)
    比較:ーHe can jump really high.          
              Throw it as high as you can.        
       ーIt's highly amusing. (とてもおもしろい)
        I can highly recommend it. (とてもおすすめする)

    just:Justは副詞で多様な意味があるが、形容詞として使うjustがある。「in accordance with justice or the law (正義または法に基づき)」という意味で、この意味における副詞はjustly。
    He was justly punished for his crimes.

    late:副詞の意味でのlateは形容詞の意味でのlateと似ている。latelyrecentlyを意味する。
    比較:I hate arriving late.(遅れて到着するのが大嫌い)ー副詞
       I haven't been to the theatre much lately.
      (最近あまり劇場に足を運んでいない)ー同じ語源の副詞だけど意味が全く違う。

    loud:Loudは口語的に動詞の後につけて使われる。
       Don't talk loud(ly) ー you'll wake the whole street.

    low:Lowは形容詞であり副詞である。(a low bridge, a low voice, bend low, 低い橋、低い声、下方に曲げる)

    most:Mostはmuchの最上級である。形容詞や副詞の前につけて最上級形をつくる。
       Which parat of the concert did you like most?
            This is the most extraordinary day of my life. 

    フォーマルな場面でmostはveryの意味で使われることがある。
    You're a most unusual person.(あなたはとても非凡な人だ)

    Mostlyは「mainly(主に)」「most often(たいてい)」「in most cases(ほとんどの場合)」を意味する。
    My fruebds are mostly non-smokers.ー副詞

    pretty:度合いを表現する口語的副詞として使われるprettyはratherと使い方は似ている。Prettilyの意味は「in a pretty way(かわいらしく)」。
    I'm getting pretty tired.      
    Isn't your little girl dressed prettily?

    quick:口語的表現ではquickはquicklyの代わりに使われる。特に動作を表す動詞の後に使う。
    I'll get back as quick(ly) as I can. 

    real:口語的なアメリカ英語でrealは形容詞や副詞の前にreallyの代わりに使われる。
    That was real nice.    
    He cooks real well.

    right:副詞句におけるrightは「just」「exactly」「all the way」を意味する。
       She arrived right after breakfast.
             The snowball hit me right on the nose.
             Turn the gas right down.
    RightRightlyはどちらも「correctly」の意味として使われる。口語的な表現でrightのみ動詞の後ろに使われることがある。
    比較:I rightly assumed that Henry was not coming.    You guessed right.
           It serves you right. (...rightly は使わない。)

    sharp:sharpは副詞的に「punctually」の意味でつかわれる。
    Can you be there at six o'clock sharp?
    to sing sharpは「高いキーで歌う」という意味。
    turn sharp right と turn sharp leftは「大きく方向転換する」という意味。

    Sharplyはまた意味が異なる。
    She looked at him sharply. (彼女は彼をきつくにらんだ)
    I thought you spoke to her rather shaprly.(あなたが彼女にかなりきつく話してたように感じた)

    short:stop short(=「急にやめる」)、cut short(=「さえぎる」)という表現で副詞的に使われる。
    Shortlyは「まもなく(soon)」や「イライラした言い方で(an impatient way of speaking)」の意味になる。

    slow:Slowは道路の標識などで副詞的に使われる。(例:SLOW − DANGEROUS)
    また口語的にgoや他の動詞の後ろに置いて使う。例:go slow, down slow

    sound:sound asleepの表現で副詞的に使われる。そのほかはsoundlyを使う。(例:She's sleeping soundly.)

    straight:形容詞と副詞は同形。
    A straight road goes straight from one place to another.(直線の道はある場所からある場所へまっすぐに延びている)

    sure:Sureは特にアメリカ英語で「certainly」の意味として口語的に使われる。
    Can I borrow your tennis racket? ~Sure.
    Surely(not)は意見や驚きを表現したいときに使われる。
    Surely house prices will stop rising soon!
    (住宅価格の高騰はすぐに終わるさ(きっとね、確実にねなどのニュアンスを含む文脈によると思います)
    Surely you're not going out in that old coat?
    (まさかその古臭いコートで出かけるつもりじゃないよね?)

    tight:動詞の後にtightlyの代わりにtightが使われることがある。特に口語的な場面で。
    典型的な例:hold tight, packed tight (比較:tightly packed)

    well:goodの副詞形がwell。(a good singer sings well)。Wellは「健康な」という意味の形容詞でもある。(illの反対語)

    wide:wideは通常の副詞形である。一方widelyは距離や分離のニュアンスを含む。
    比較:The door was wide open. (ドアが大きく開いていた)
         She's travelled widely.(彼女は広範囲に旅したことがある)
             They have widely differing opinions.(彼らはかなり異なる意見をもっている)
    注記:wide awake(すっかり目が覚めている)はfast asleep(ぐっすり眠っている)の反対の意味。

    wrong:口語的にWrongはwronglyの代わりに使う。
    比較: I wrongly believed that you wanted to help me.
    (あなたが私を助けたいと思っていると誤って信じていた(誤解していた)。)
       You suggested wrong. (あなたは間違って提案した。)

    3 比較級と最上級
    副詞としての形容詞の使用は特に比較級や最上級の形で多い。口語的な場面で使用。
    Can you drive a bit slower?(もう少しゆっくり運転できますか)
    Let's see who can do it quickest.(誰が一番早くできるか見てみよう)

    4 アメリカ英語
    口語的なアメリカ英語では、そのほかの多くの形容詞が副詞的に使用されている。
    He looked at me real strange.
    (彼は私を本当に不思議そうに見ていた)
    Think positive. (前向きに考えよ)

    | 1/1PAGES |

    selected entries

    categories

    archives

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    PRACTICAL ENGLISH USAGE(楽天)

    ADVANCED EVERYDAY ENGLISH(楽天)

    Practical English Usage【電子書籍】(楽天)

    イギリス英語Total Book CD BOOK(メール便送料無料)CD1枚付属 イギリス英語学習 アメリカ英語との違い

    recent comment

    recommend

     (JUGEMレビュー »)

    リアルな英語(英文法や英単語や熟語や句動詞など)を学ぶ手助けをしてくれる英語学習者のための本です。おすすめ!

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR