bigとlargeとgreat

0

    JUGEMテーマ:外国語学習

     

    1. 具象名詞:たいていは big か large を使う

    具象名詞(見たり触ったりできるモノの名前)には、たいていは big か large を使う。

    カジュアルな場面では Big が最も使われる。

     

    Get your big feet off my flowers.

    She is a small woman, but she has very large feet.

    It was a large house, situated near the river.

     

    2. 具象名詞と使うgreat (wonderful、largeやimpressiveの意味で)

    Greatは、単に物質的な大きさについて言うときは、通常使わない。

    カジュアルな場面では、「wonderful」の意味で具象名詞と使われることがよくある。

    I've just got a great new flat.

    「素敵な新しいアパートを契約したんだ」

     

    「largeやimpressive」に似た意味で、使われることもある。

    Great clouds of smoke rose above the burning cathedral.

    「燃え盛る大聖堂から巨大な煙雲が上がった」

     

    ほかの意味としては「famous」や「important」がある。

    Do you think Napoleon was really a great man?

    「ナポレオンは本当に偉大な男だったと思う?」

     

    3. 抽象名詞:たいていは great を使う

    Great は、抽象名詞(見たり触ったりできないモノの名前)と使うのが一般的。

     

    I have great respect for her ideas.(誤:big/large respect)「すごく尊敬している」

    His behaviour caused great annoyance.(誤:big/large annoyanve)「すごくイライラする」

    You are making a great mistake.「大きな間違い」

    Her work showed a great improvement last year.「だいぶ改善した」

     

    Bigは、カジュアルな場面で、数えられる抽象名詞と一緒に使われることもる。

    You're making a big mistake.

    Big bargains for weekend shoppers!

     

    Largeは、量や、数や、塊について言うときに、数えられる抽象名詞と使われることもある。

    We're thinking of giving your firm a very large order.

    There was a large error in the accounts.

    She spent large sums on entertaining. 

    He wrote a large part of the book while he was in hospital.

     

    Big や Large は、通常は数えられない名詞と一緒に使われないが、big business や big trouble のような決まり文句は別であることに注意。

     

    4.Largeとwide

    Large は、「wide」の意味はない。

    The river is 100 metres wide. (誤:...100 metres large.

     

    wide と broadの違いはこちら(coming sometime)

     


    betweenとamong

    0

      JUGEMテーマ:外国語学習

       

      1.二つの間

       

      何かが二人の人、二つのモノ、グループの間にあるときに使う。

      She was standing between Alice and Mary.

      a long valley between high mountains

       

      Betweenは距離や間隔について話すときにも使われる。

      We need two metres between the windows.

      I'll be at he office between nine and eleven.

       

      Betweenはeachの前に使われることが多い。

      There seems to be less and less time between each birthday.

       

      2.Betweenまたは二つ以上のamong

       

      誰かや何かが明らかに離れている複数の人や物の間にあるときにbetweenを使う。誰かや何かがグループの中にある、人の集団や塊、または離れていると考えないモノの中にあるときに、amongを使う。

      比較:

      Our house is between the woods, the river and the village.

      His house is hidden among the trees.

       

      I saw something between the wheels of the car.

      Your letter is somewhere among all these papers.

       

      Amongは単数(数えられない)名詞の前に置くのが通常。

      They found an envelope full of money among all the rubbish.

       

      3.分ける(dividing)と共有する(sharing)、と「difference」

       

      二つ以上の人やグループの間(between または among)のモノを分ける(dividing) または 共有(sharing)するときに使われる。

      He divided all his money between/among his children and grandchildren.

      We shared the work between/among the five of us.

       

      differenceのあとには、betweenを使う。

      There are enormous differences between languages.

      What's the difference between 'between' and 'among'?

       

      4.「one of」など

       

      Amongは「one of」や「some of」または「included in」を意味することもある。

      Among the first to arrive was the ambassador.(最初の頃に到着した1人が大使だ)

      He has a number of criminals among his friends.(彼の友達の中にはたくさんの犯罪者がいる)


      besides, exceptと apart from

      0

        JUGEMテーマ:外国語学習

         

        この表現はしばしば混乱して使われている。

        Besidesは何かを追加する:たとえば、with や plus(+) と同じような感覚。

        Besides the vilon, he plays the piano and the flute. (彼は3つの楽器を演奏する)

         

        Exceptは何かを差し引く:たとえば、without や minus(-)と同じような感覚。

        I like all musical instruments except the violin.(私はバイオリン以外の楽器を好む)

         

        Apart fromはどちらの意味でも使われる。

        Apart from the violin, he plyas the piano and the fulte.(=Besides the violin ...)

         

        I like all musical instruments apart from the violiln.(=... except the violin.)

         

        noやnobodyやnothingなどのような否定語のあとは、上記の3つの表現はすべて同じ意味を持つ。

        He has nothing besides / except / apart from his salary.(=He only has his salary.)

         

        副詞的なdiscourse maker(談話標識)におけるbesidesについてはこちら(coming soon)も参照。

        besideについてはこちらも参照。

        exceptとexcept forについてはこちら(coming soon)も参照。


        besideとbesides

        0

          JUGEMテーマ:外国語学習

           

          Besideは、「at the side of」、「by」、「next to」を意味する前置詞。

          Who's the big guy sitting beside Jane?

          「ジェーンの横に座っている大きい人は誰?」

           

          Besidesは、既に知っていることに新しい情報を付け足す場合に as well asのような感じで使われることがある。

          Besides literature, we have to study history and pholosophy.

          「文学はもちろん、歴史と哲学も勉強しなくてはならない」

          Who was at the party besides Jack and the Bensons?

          「ジャックとベンソン夫妻と、他に誰がパーティにいたっけ?」

           

          Besidesはまた、discourse maker(談話標識)として、「also」「as well」「in any case」の意味で使われる。よく、過ぎさってしまったこと(what has gone before)に対して、強めでより結論的(conclusive)な論調を加えるのに使われる。この場合、besidesは節の頭にくる。

           

          I don't like those shoes; besides, they're too expensive.

          「この靴好きじゃないな。しかも、高すぎるよ」

          It's too late to go out now. Besides, it's starting to rain.

          「もう出かけるには遅すぎるよ。それに、雨も降ってきた」


          below, under, underneath, beneath

          0

            JUGEMテーマ:外国語学習

             

            1.「より下に、低い所に(lower than)」:below または under

            前置詞のbelowとunderは、どちらも「より下に、より低い所に」という意味。

            Look in the cupbpard below/under the sink. 「流しの下にある棚の中を見てみて」

             

            2.真下ではない下(not directly under):below

            何かが他のモノの真下にあるわけではないときに、belowを好んで使う。

            The climber stopped 300m below the top of the mountain.

            「その登山家は、山の頂上から300メートル下で止まった」

            A moment later the sun had disappoeared bleow the horizon.

            「水平線の下へ太陽が消えたそのあとの一瞬」

             

            3.覆われて(covered):under

            何かが、その上にあるモノによって覆われていたり、隠れていたりしていて、さらに、それらが接触しているときに、underを使うことが多い。

            I think the cat's under the bed.

            What are you wearing under your sweater?

            The whole village is under water. (誤:... below water

             

            4.計測(measurements):below

            気温、高さなど、縦軸で計測を思い浮かべるときにbelowを使う。

            The temperature is three degrees below zero.「季語んがゼロより3度低い」

            Parts of Holland are below sea level. 「オランダには海抜ゼロより低い地域がある」

            The plane came down below the clouds. 「飛行機が雲の下へ来た」

            She's well below average in intelligence.「彼女の知能は平均よりずっと低い」

             

            5.「より少ない(less than)」:under

            「より少ない」「より若い」を意味するときに、belowではなくunderを使う。

            There were under twenty people at the lecture.

            You can't see this film if you're under 18.

             

            6.Underneath

            Underneathは、underの代わりに前置詞として使われるが、物理的な位置関係を言う場合に限られる。

            比較:

            There's a mouse under(neath) the piano.

            He's still under 18. (誤:... underneath 18.

             

            7.Beneath

            Beneathは、ほぼ書き言葉において使われる。

            The ship sank slowly beneath the waves.

            決まり文句などで抽象名詞の前に使われる。

            He acts as if I was beneath his notice.(=一顧の価値もない)

            Her behaviour is beneath contempt.(=軽蔑にも値しない、本当に恥ずかしい)

             

            8.副詞

            Belowは、副詞として使われる。

            We looked over the cliff at the waves crashing on the rocks below.

             

            Underは、副詞辞として動詞と一緒に使われる。

            A lot of businesses are going under beause of the economic crisis.

             

            その他の場合では、underneathを副詞的な用法で好んで使うことがある。

            I can't take my sweater off - I haven't got anything on underneath

            (誤:...anything on under.

             

            aboveとoverの違いは、belowとunderの違いと似ている。aboveとoverを参照。


            BeginとStart

            0

              JUGEMテーマ:外国語学習

               

              1.意味、そして 形式的な場面で使う ということについて

               

              BeginとStartはどちらも、同じ意味で使う。

              I began/started teaching when I was 24.

              If Sheila doesn't come soon, let's begin/start without her.

               

              より改まった言い方をするときには、Beginを使うことが一般的。

              比較:

              We will begin the meeting with a message from the Prsident.

              Damn! It's starting to rain. (改まった場面ではない)

               

              2.Beginが使えない場合

              Start(beginではなく)が使われる場合

               

              a 'start a journey' 「旅を始める」

                 I think we ought to start at six, while the roads are empty.

               

              b  'start working' (機械など)「始動させる」

                 The car won't start.

               

              c 'make something start' 「何かを始めさせる/スタートさせる」

                 How do you start the washing machine?

                 The President's wife fired the gun to start the race.


              before(前置詞)とin front of

              0

                JUGEMテーマ:外国語学習

                 

                before:時間 (time)

                in front of: 場所 (place)

                 

                比較:

                I must move my car before nine O'clock.

                It's parked in front of the post office.(誤:... before the post office.

                 

                Beforeは、通常、時間について言うときに使う。しかし、場所について言うこともある。

                 

                a 列やリストや書類の純場について話すとき。

                Do you mind? I was before / in front of you!

                「ちょっといいですかね?私、あなたの前にいたんですけど!」

                Her name comes before mine in the alphabet.

                「アルファベットでは、彼女の名前は私の前に来る」

                We use 'a' before a consonant and 'the' before a vowel.

                「『a』は子音の前に、『the』は母音の前に使います」

                 

                b 「(とても重要な誰か)の面前で」と言うとき

                I came up before the magistrates for dangerous driving last week.

                「私は先週の危険運転について、判事の前で裁きを受けた」

                 

                c 次の表現において

                right before one's eyes

                before one's very eyes


                because

                0

                  JUGEMテーマ:外国語学習

                   

                  1.because と because of

                  Becauseは接続詞。節のあたまにつけ、主語や動詞の前に来る。

                  Because ofは、2語から成る前置詞で、名詞や代名詞の前に使う。

                  比較:

                  - We were late because it rained. (誤:...because of it rained.

                    We were late because of the rain.(誤:... because the rain.

                  - I'm happy because I met you.

                    I'm happy because of you.

                   

                  2.because節の場所

                  Becauseとその節の位置は、主節の後ろでも前でもよい。

                  I finished early because I worked fast.

                  Because I worked fastt, I finished early.

                   

                  Because節は、それだけでも成立する。特に、受け答えや、ためらいや躊躇した後の返答で。

                  Why are you crying? ~ Because John and I had a row.

                  「なんで泣いているの?〜だってジョンと口げんかしたんだ」

                  I don't think I'll go to the party ... Because I'm feeling a bit tired.

                  「パーティに行かないと思う....ちょっと疲れてるんだ」

                   

                  3.just because ... (it) doesn't mean...

                  カジュアルな場面でよくある構文。

                  Just because you're older than me (it) doesn't mean you can do what you like.

                  「私よりも年上だからって、何でも好きにできるというわけではない」

                  Just because I'm your brother (it) doesn't mean you can keep asking me for money.

                  「私が兄だからって、いつもお金をねだっていいわけではない」

                   

                  because, as, since, forの使い方の違いについてはこちらを参照。

                   


                  bathとbathe

                  0

                    JUGEMテーマ:外国語学習

                     

                    1.bath

                    発音:bath/bɑːθ| bathing/bɑːθiŋ | bathed/bɑːθt

                     

                    この動詞はアメリカ英語では使われていない。

                    目的語を取ることができる。

                    It's your turn to bath the baby.

                    「お風呂に入る」の意味でも使われるが、フォーマルな用法。

                    I don't think he baths very often.

                    最近では、have/take a bathが一般的。

                    I'm feeling hot and sticky; I think I'll have a bath.

                     

                    2.bathe

                    発音:bathe/beið | bathing/beiðiŋ | bathed/beiðd

                     

                    Batheはbathのアメリカ英語版。(take a bathについてはアメリカでも一般的)

                    It's your turn to bathe the baby.(米語)

                    I always bathe before I go to bed.(米語)(... take a bath)

                     

                    Batheは、アメリカ英語/イギリス英語ともに身体の痛むところに

                    水をかけるというとき(例えば「目が痛い」など)にも使う。

                    Your eyes are very red - you ought to bathe them.

                     

                    Batheは、イギリス英語のみ「遊びで泳ぐ(swim for pleasure)」という意味で使われるが、フォーマルな用法。

                    NO BATHING FROM THIS BEACH

                    最近では、have a swim, go for a swim, go swimming または単にjust swimと言う。

                    Let's go for a swim in the river.


                    back と again

                    0

                      JUGEMテーマ:外国語学習

                       

                      BackとAgainは、似たような意味で使われるが、違いがある。

                       

                      1.動詞と使うback

                      動詞とbackを一緒に使うとき、[時間的に]前の状況(earlier situation)へ戻ることを意味する。

                      また、[時間的に]前の動作(earlier movement)へ戻るための動作や、類似する概念を意味する。

                      Againは、動詞と一緒に用いた時、上記に示したbackの用法と同様に使うことは通常ない。

                       

                      Give me my watch back.(誤:Give me my watch again.

                      I'm taking this meat back to the shop.(誤:I'm taking this meat to the shop again.)

                       

                      2.動詞と使うagain

                      動詞とagainを一緒に使うとき、againは繰り返しを意味することが多い。

                       

                      ー That was lovely. Can you play it again?

                          When I've recorded your voice I'll play it back.

                      「とても素敵だったわ。もう一度同じのを演奏してくれる?」

                      「君の声を録音したら、その音声を再生するつもり」

                       

                      ー Eric was really bad-mannered. I'm never going to invite him again.

                        She comes to our parties but she never invites us back.

                      「エリックは本当にマナーが最悪だった。もう二度と彼を誘わない」

                      「彼女はパーティに来るけど、彼女がみんなを逆に招待することはない」

                       

                      ー I don't think he got your letter. You'd better write again.

                        If I wirte to you, will you write back?

                      「彼に君の手紙は届いていないと思うよ。もう一度書いた方がいい」

                      「もしあなたに手紙を書いたら、お返事くれる?」

                       

                      sell back(同じ人に)とsell againの違いに注意!

                      The bike you sold me is too small. Can I sell it back to you?

                      If we buy this house and then have to move somewhee else, how easy will it be to sell it again?

                       

                      3.backを使わない場合

                      動詞そのものが既に「[時間的に]前の状況に戻る(return to an earlier situation)」「逆方向の動作(movement in the opposite direction)」という概念を表していたら、backは使わないことが多い。

                       

                      Stefan can never return to his country.(Stefan can never return back...よりずっと自然)

                      Who opened the window?Could you close it, please? (誤:... close it back ...

                       

                      しかしながら、againは「戻る(return)」の概念を強調するために使われる。

                      Stefan can never return to his country again.

                      Who opwned the window? Could you close it again, please?

                       

                      4.副詞辞など

                      副詞辞や前置詞句と一緒に使うときには、backもagainも「[時間的に]前の状況に戻る(return to an earlier situation)」などを意味する。

                       

                      I stood up, and then I sat (back) down (again).

                      He tasted the apple and spat it (back) out (again).

                      Go (back) to sleep (again).

                      I'll be (back) in the office (again) on Monday.

                       

                      5.ring/call back

                      ring back(イギリス英語のみ)やcall backは、ともに「折り返し連絡をかける」「電話をもう一度掛ける」の意味で使う。

                       

                      She's not here just now. ~Ask her to ring me back.(=return my call)

                      I haven't got time to talk now. ~OK, I'll ring back later.(=ring again)

                       

                      6.語順

                      backは副詞辞なので、目的語が代名詞でなければ、動詞と目的語の間にくることが多い。

                       

                      Take back your money - I don't want it. (または、Take your money back...)

                      Count the money again, please. (誤:Count again the money ...)

                       

                      その他のbackとagainの用法については、その他の辞書を参照してください。


                      | 1/4PAGES | >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      PRACTICAL ENGLISH USAGE(楽天)

                      ADVANCED EVERYDAY ENGLISH(楽天)

                      Practical English Usage【電子書籍】(楽天)

                      イギリス英語Total Book CD BOOK(メール便送料無料)CD1枚付属 イギリス英語学習 アメリカ英語との違い

                      recent comment

                      recommend

                       (JUGEMレビュー »)

                      リアルな英語(英文法や英単語や熟語や句動詞など)を学ぶ手助けをしてくれる英語学習者のための本です。おすすめ!

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      PR