冠詞:特別なルールと例外

0

    JUGEMテーマ:外国語学習

     

    1:冠詞を使わないよくある表現

    場所、時間、移動(movement)に関わるよくある決まり文句では、数えられる名詞を数えられない名詞として冠詞なしで使う。

    例:

    to/at/in/from school/university/college

    to/at/in/into/from church

    to/in/into/out of bed/priosn

    to/in/into/out of hospital (イギリス英語)

    to/at/from work

    to/at sea

    to/in/from town

    at/from home

    leave home

    leave/start/enter school/university/college

    by day

    at night

    by car/bus/bicycle/plane/train/tube/boat

    on foot

    by radio/pjpme/letter/mail

     

    場所を表す名詞は、冠詞のあるなしで異なる意味になる可能性がある。

    比較:

    - I met her at college.[私たちが学生の頃]

      I'll meet you at the college.[単に、待ち合わせ場所]

    - Jane's in hospital.[患者として]

      I left my coat in the hospital when I was visiting Jane.

    - Who smokes in class[=....教室で?]

      Who in the class smokes?[=吸った人はだれ....?]

     

    アメリカ英語では、universityとhospitalは冠詞つきで使われる。

    She was unhappy at the university.

    Say that again and I'll put you in the hospital.

     

    2:ダブル・エクスプレッションズ(double expressions)

    ダブル・エクスプレッションズにおいて、冠詞はよく省かれる。前置詞があるときは特に。

    with knife and fork

    on land and sea

    day after day

    with hat and coat

    arm in arm

    husband and wife

    from top to bottom

    inch by inch

     

    3:所有格の 's

    'sのあとの名詞は冠詞が抜け落ちる。

    the coat that belongs to John=John's coat(誤:John's the coatまたはthe John's coat

    the economic problems of America=America's economic problems(誤:the America's economic problems

    ところが、所有格名詞('sがついた名詞)自体は冠詞がつくことがある。

    the wife of the boss=the boss's wife

     

    4:名詞修飾語

    名詞がほかの名詞を修飾している場合、最初の名詞の冠詞はなくなる。

    lessons in how to play the guitar=guitar lessons

    a spot on the sun=a sunspot

     

    5:both と all

    bothのあとのtheは抜け落ちることがある

     Both (the) children are good at maths.

    allと数字のあいだのtheを抜かすことがよくある

     All (the) three brothers were arrested.

    all day, all night, all week, all year, all winter, all summerなどという時、allのあとにtheは入れないことが多い。

     He's been away all week.

     I haven't seen her all day.

     

    6:kind of など

    kind of, sort of, type of など類似した表現において、a/anをよく省く。

     What kind of (a) person is she?

     Have you got a cheaper soft of radio?

     They've developed a new variety of sheep.

     

    7:amount と number

    the amount/number of のあとはtheは抜ける。

     I was surprised at the amount of money collected. (誤:.... of the money

     The number of unemployed is rising steadily.

     

    8:man と woman

    ほかの数えられる単数名詞と異なり、manとwomanは一般的な意味において、冠詞なしで使われる。

     Man and woman were created equal.

    しかし、menやwomenよりも、a manやa womanを使うことが多い。

     A woman witout a man is like a fish without a bicycle. (フェミニストの古いジョーク)

     Men and women have similar abilities and needs.

    Manの語は、「人類」という意味でよく使われているが、多くの人はこの用法を差別的と見ており、この表現を避けている。

     How did Man first discover fire?  

     

    9:days, months, seasons

    「その時話をしている日/月の前、または後」を意味するときにtheを省く。

     Where were you last Saturday?

     See you on Thursday.

     I was away in April.

     We're moving next September.

    季節一般を話すときには、springでもthe springでも良いし、summerでも the summerでも良い。ほとんど違いはない。

     Rome is lovely in (the) spring

     I like (the) winter best.

    特定の春や夏などについて話すときは、theを使う。

     I worked very hard in the summer that year.

     

    10:楽器

    楽器について話すとき、楽器を演奏することについて話すとき、the+単数名詞を使う。

     The violin is really difficult.

     Who's that on the piano?

    しかしながら、ジャズやポップス、そしてたまにクラシックについて話すときには、theが抜けることがある。

     This recording was made with MIles Davis on trumpet.

     She studied oboe and saxophone at the Royal Academy of Music. 

     

    11:(the) radio, (the) cinema, (the) theatre and television

    これらの娯楽の種類として話すとき、the radio, the cinema, the theatreとtheをつけるが、テレビについては、television か TVと言う。

     I always listen to the radio while I'm driving. 

     It was a great treat to go to the cinema or the theatre when I was a child. 

     What's on TV?

     

    芸術形式や職業としてこれらを言うときは、Theが抜け落ちることがある。

     Cinema is different from theatre in several ways. 

     He's worked in radio and television all his life. 

     

    12:仕事と役職

    エリザベス女王やリンカーン大統領などの称号にはTheをつけない。

    比較:

     Queen Elizabeth had dinner with President Kennedy. 

     The Queen had dinner with the President

     

    誰かが組織内の唯一の役職についたことを話すとき、文中の補語に当たる語にはTheをつけない。

    比較:

     - They appointed him Head Librarian.

       Where's the libralian

     - He was elected President in 1879.

       I want to see the President. 

     

    13:感嘆詞

    感嘆詞の表現において、Whatの後に数えられる単数名詞にa/anをつける。

     What a lovely dress! (誤:What lovely dress!

    a/anは数えられない名詞には使うことはできない。

     What nonsense! (誤:What a nonsense!

     What luck!

     

    14:病気

    標準イギリス英語において、病気や痛みの名前は不可算名詞になるので、冠詞はつけない。

    (より詳しくは、こちらの7を参照。)

     Have you had appendicitis(虫垂炎)?

     I've got toothache again.

    A/anは a cold や a headacheなど数少ないが、使われることがある。

     I've got a horrible cold.

     Have you got a headache?

    口語的に、よくある病気にTheがつくことがある。

     I think I've got (the) flu.

     She's never had (the) measles.

    アメリカ英語の用法ではイギリスと異なる場合がある。

     I've got a toothache / an earache / a backache / a stomachache.

    [イギリス英語はI've got toothache / earache ....など] 

     

    15:身体の部位など

    身体の一部について話をするとき、または持ち物について話をするとき、theではなく所有格を使う。

     Katy broke her arm climbing. (誤:Katy broke the arm climbing

     He stood in the doorway, his coat over his arm. (誤:....the coat over the arm.

     

    しかし、特に殴り合いや痛み、人間の体の部位に起きうるその他の事柄について話をするとき、theは前置詞のあとによく使われる。

     She hit him in the stomach.

     He was shot in the leg.

     Can't you look me in the eye?

     

    16:計測

    計測に関する表現においてby theを使う。

     Do you sell eggs by the kilo or by the dozen?

     He sits watching TV by the hour.

     Can I pay by the month?

    A/anは1単位に対してどれくらいかを言う時とき使われる。

     sixty pence a kilo

     thirty miles an hour

     twice a week

     

    17:場所の名前

    下記のような場所の名前についてtheを使う。

    ● 海 (the Atlantic)

    ● 山脈 (the Himalayas)

    ● 島のかたまり (the West Indies)

    ● 川 (the Rhine)

    ● 砂漠 (the Sahara)

    ● ホテル (the Grand Hotel)

    ● 映画館や劇場 (the Odeon; the Playhouse)

    ● 美術館やギャラリー (The British Museum; the Frick)

    以下は冠詞をつけない

    ● 大陸、国、国家、州、地域(departments)など(Africa, Brazil, Texas, Berkshire, Westphalia)

    ● 町(Oxford)

    ● 通り(New Street, Willow Road)

    ● 湖(Lake Michigan)

    例外:場所の名前がrepublic(共和国),state(〜国), union(連合国)などである(または含む)場合。

    (例:the People's Republic of China, the United Kingdon, the United States)

    the Netherland, その政府の所在地、The Hagueとなることにも注意。

    町の主要な公的建物の名前にTheがつくことはあまりない。

     Oxford University(誤:the Oxford University

     Hull Station(誤:the Hull Station

     Salisbury Vathedral

     Manchester City Council 

     Birmingham Airport 

     Cheltenham Football Club

    さほど重要ではない建物については、用法は異なる。

     (The) East Oxford Community Centre,

     (The) Newbury School of English.

    山の名前も、用法は異なる。大体は冠詞を付けない。

     Everest 

     Kilimanjaro 

     Snowdon 

     Table Mountain

    しかし、ヨーロッパの山の名前を英語に翻訳する場合、定冠詞も訳される。ただし、フランス語のLe Montで始まる山は除く。

     The Meije(= La Meije)

     The Matterhorn(=Das Matterhorn)

     しかしMont Blanc (誤:the Mont Blanc)となる。

     

    18:新聞と雑誌

    新聞の名前にはtheがつくことが多い。

     The Times The Washington Post

    雑誌の名前にはtheがつかないこともある。

     New Scientist

     

    19:省略するのが一般的な場合

    以下のような場合、冠詞はいれない。

    新聞の見出し:MAN KILLED ON MOUNTAIN

    小見出し:Introduction Chapter 2 Section B

    画像のキャプション:Mother and child

    お知らせやポスター等:SUPER CUNEMA, RITZ HOTEL

    部屋番号などとラベル:Go through door A. 

                                    Control to Car 27: can you hear me?

                                    Turn to page 26. (誤:...the page 26.)

    辞書:palm inner surface of hand ....

    リスト:take car to garage; pay phone bill;...

    ノート:J thinks company eeds new office

     

    the blind や the Japaneseの表現についてはこちらを参照。


    冠詞:the(わかりにくいケース)

    0

      JUGEMテーマ:外国語学習

      theを使うべきかどうかわからないときがある。例えば、数えられない名詞や名詞の複数形には冠詞をつけないで一般化(generalise)できる。しかし、聞き手・読み手が誰について、何について話しているかわかっているときには、theをつける。これらの両方の意味が一緒になり、theをつけるのが正しいのかそうでないのか、わからないことがある。このあたりの文法的な違いは非常にあいまいになっている。theをつけた場合も、冠詞をつけない場合も、どちらも同じことを言っているということはよくある。次のガイドラインはその理解に少し役立つかもしれない。

      1 グループ:nurses と the nurses, railways と the railways どっち?
      あるグループの人々を一般化するときは、冠詞を付けない。しかし、もしもそのグループを一つのグループ全体と捉えるとき(有名な団体といったような)は、theを使う傾向がある。
      比較:
      - Nurses mostly work very hard.
      (看護師という職業の人々はだいたいよく働く)
        The nurses have never gone on strike.
      (看護師はストを起こしたことがない)

      - Stars vary greatly in size.
      (星というものは様々な大きさがある)
        The stars are really bright tonight. 
      (今夜の星はとても明るい)

      - Farmers often vote Conservative.
      (農家は保守党に投票する)
        What has this government done for the farmers?
      (政府が農家の人々にしてしまったこと)

      - It's difficult for railways to make a profit.
      (いかなる路線も利益を出すことは難しい)
      [いかなる路線も]
      - The railways are getting more and more unreliable.
      (鉄道はどんどん頼れなくなっている)
      [私たちの良く知っている鉄道]

      国民について表現する場合に同様の表現をする。
      比較:
      New Zealanders don't like to be mistaken for Australians.
      The Australians suffered heavy losses in the First World War.

      2 フランスの画家:印象派(the impressionists)
      決まったグループ、人数が限られているような「閉じられた(closed)」グループや分類について表現するときに、theを使う傾向にある。
      比較:
      - French painters 
      [大きな、漠然としたグループ]
        the impressionists
      [特定の芸術運動。一般的に多かれ少なかれ誰がこの派に属しているか知っている]
      - 19th-century poets
        the Romantic poets
      [シェリー、キーツ、バイロン、ワーズワースなど]
      - British comprehensive schools
        the British 'Public Schools'
      [イギリスのトップエリート校という限られたグループ]

      専門家は、自らが研究している、知っているグループや分類についてtheをつける傾向にある。
      Metals are mostly shiny.
      Next term we're going to study the metals in detail.

      3 1960s music と the music of the 1960s
      「一般的かどうかは半々(half-general)」、要するに一般的なことと特定のことの間の中間といった表現もある。例えば、1960s music(1960年代の音楽), eighteen-century history(18世紀の歴史), poverty in Britain(英国の貧困)について話すとき、すべての音楽、歴史、貧困について話しているわけではなく、一般論(general ideas)として話をしている(比較:with the music we heard last night, the history I did at schoool, the poverty I grew up in)。これら「一般的かどうかは半々(half-general)」の表現をするときには、冠詞は付けない。しかしながら、限定する、それと決めるフレーズが続く名詞にはtheをつけることがある。特にofを使ったフレーズに多い。
      比較:
      - 1960s music
        the music of the 1960s

      - African butterflies
        the butterflies of Africa

      4 物理的な環境:the town, the sea
      物理的な環境(例えば私たちの周りにある世界やその気候など)について話すときに、Theをつけることが多い。Theをつけるときは、話している事柄について「みんながわかっている」ことを前提にしている。
      例:
      the town, the country, the mountains, the sea, the seaside, the wind, the rain, the weather, the sunshine, the nightなど。

      My wife likes the seaside, but I prefer the mountains.
      British people talk about the weather a lot.
      I love listening to the wind

      nature, society, spaceという語は、「一般的」な意味で使われる場合、冠詞はつけないことに注意。こちらも参照。

      5 on the bus や at the hairdresser
      誰もにとって生活の一部である事柄について話す場合、the(数えられる単数名詞につける)を使う。例えば、「the bus」や「the hairdresser」など。the busの場合、「あなたが知っている、あのバス」という意味ではない。theをつけることで、誰もが共通で経験しているバスに乗るという行為、を意味する。


      I have some of my best ideas when I'm on the  bus.
      Most of my friends go to the hairdresser two or three times a month.
      Do you sing in the bath?
      I've stopped reading the newspaper because it's too depressing. 

      似たような表現で冠詞をつけないものもある。(例:in bed, in hospital)こちらを参照★(未投稿)。

      6 She kicked him on the knee や He sat at the side
      特定の誰か、または事柄かがはっきりしていない場合でも、theを使う場合がある。
      これは、他にいくつか似たような可能性がある場合で、それ以上明白である必要がない場合に見られる。


      Lying by the side of the road we saw the wheel of a car. 
      (誤:...a wheel of a car.
      John Perkins is the son of a rich banker.
      [1人以上の息子がいるかもしれないお金持ちの銀行員の息子]

      She kicked him on the knee.

      [右だったか左だったか、とにかく膝]
      Theは、sideやwrongの語と一緒に下記のような表現をすることがある。
      I usually sit at the side in church.

      [右か左か、とにかく端に座る]

      He's the wrong man for me.

      [他にもふさわしくない男はたくさんいるはずだけど....]

      [電話で] I'm sorry. You 've got a/the wrong number.

       


      冠詞:一般的な話をするとき

      0

        JUGEMテーマ:外国語学習


        1 theは「all」の意味ではない
        一般的な事柄(things)について話すときには、theを数えられない名詞または名詞の複数形につけない。

        例えば、本全般、人全般、人生というものなど、「一般的に」というニュアンスで話をする場合に、冠詞はつけない

        theに「all(すべての)」の意味はない。


        比較:
        - Move the books off that chair and sit down.
        「その本を椅子からどかして座りなさい」[特定の本]
          Books are expensive.
        「本は高い」
        (誤:The books are expensive.

        - I'm studying the life of Beethoven.
        「ベートーヴェンの人生を勉強しているんだ」[特定の一つの人生]
          Life is complicated.
        「人生は難しい」
        (誤:The life is ...

        - Where's the cheese?〜I ate it.
          I love cheese.

        - Why has the light gone out?
          Nothing can travel faster than light.

        - I've joined the local Dramatic Society.
          It's not always easy to fit in with society.

        - I never really understood the nature of my father's work.
          She's very interested in nature, especially animals and birds.

        - Write your name in the space at the bottom of the page.
          Would you like to travel into space?

        most(「その大多数…」の意味)は、theをつけないことに注意。
        Most birds can fly.
        (誤:The most...
        Most of the children got very tired.
        (誤:The most …

        2 数えられる単数名詞による一般化
        数えられる単数名詞にtheをつけて物事一般(things in general)を表すことがある。
        Schools should concentrate more on the child and less on exams.

        科学的な機器や発明や楽器の名前にtheをつける。
        Life would be quieter without the telephone.
        The violin is more difficult than the piano.

        ある分類のなかのひとつを挙げて一般化することがある。

        数えられる単数名詞にa/an(意味は「いかなる/どんな(any)」)をつける。
        A baby deer can stand as soon as it's born.
        「鹿の赤ちゃんは生まれてすぐ立つ」
        A child needs plenty of love.
        「子どもにはたくさんの愛が必要だ」

        ある分類の中のすべての個体を一般化するときに、a/anを使った上記のような表現はできないことに注意。
        The tiger is in danger of becoming extinct.
        (誤:A tiger is in danger of becoing extinct. トラ科というグループ全体について話している。個体を意味していない)
        Do you like horses?
        (誤:Do you like a hourse?

        the + 形容詞である特定のグループについて一般化する用法(例:the old, the blind)はこちらを参照。


        冠詞:some/anyと「冠詞なし」との違い

        0

          JUGEMテーマ:外国語学習


          1 数えられない名詞および複数名詞と使う
          数えられない名詞と複数名詞はsome/anyをつけるか、「冠詞なし」となる。意味に大きな違いがあるとは限らない。大きな違いがないこともある。
          We neeed (somecheese.
          I didn't buy(anyeggs.

          Someは、肯定文で使われる。anyは、疑問文や否定文で使われることが多い。

          2 some/anyにするか「冠詞なし」にするか
          Some/anyは、限られているけど、決まった数や量を特に想定していない場合(例えば、正確にどれくらい/いくつかが、わからない、特に重要ではない、特に言及しない場合)に好んで使う。
          「冠詞なし」の表現は、数や量に限りがなく、数や量について全く考えていない場合に好んで使う。
          比較:
          - We've planted some roses in the garden.
          [数に限りはあるが、話し手は特に何本かは言及していない]
            I like roses.
          [数については不問]
          - We got talking to some students.
          [数に限りがある]
            Our next-door neighbours are students.
          [言いたいことは、数ではなく生徒という分類]
          - I've just bought some books on computing.
          [数に限りがある]
            There were books on the desk, on the floor, on the chairs,...
          [大量の本]
          - Would you like some more rice?
          [量は決まっていない、聞き手の欲しいだけ]
            We need rice, sugar, eggs, butter, beer, and toilet paper.
          [話しては、買う必要があるもののみを考えていて、量は特に考えていない]
          - Is there any water in the fridge?
          [話し手は限られた量を求めている]
            Is there water on the moon?
          [水があるかということに関心があり、その量は関係がない]
          - This engine hardly uses any petrol.
          [ガソリンの量について話している]
            This engine doesn't use petrol.
          [どんな燃料が必要かということ、量は関係がない]

          Some/anyは、いくつか/どれくらいかが、正確にはっきりわかっている場合は使えない。
          比較:
          - You've got some great books
            You've got pretty toes.
          [数が決まっている - 10本の足指。もしもYou've got some pretty toes.と言ったら、ネイティブ・スピーカーは、話し手は足の指の数についてはっきりさせたくないのだ思われてしまう。つまり、足の指が6つとか7つしかないのかな…といったふうに。なので、ケガなどで足の指を失わない限り、人は両足で足の指は10本あるので、この場合someは使えない。]

          anyについては、こちらも参照。


          冠詞:複数名詞、数えらえない名詞には冠詞は不要

          0

            JUGEMテーマ:外国語学習


            1  a/an 使わない場合
            複数名詞、数えらえない名詞(例:cats, wool -こちらも参照)には、通常はa/anはつけない。冠詞はつけない。
            There were cats in ecery room.
            (誤:...a cats...)
            Doctors generally work long hours.
            He's got very big ears.
            Her coat is made of pure wool.
            What's that?〜I think it's pepper.

            2 ややこしい名詞
            他の言語では数えられる名詞とされているものでも、英語では数えられない名詞とされているものがある。

            こちらの3のリストを参照)
            I need information and advice.
            (誤:... an information and an advice
            You've made very good progress.
            (誤:... a very good progress.) 

            a/anは、weatherまたはEnglishの語には絶対つかないことに注意。
            We're having terrible weather.
            (誤:... a terrible weather.
            She speaks very good English.
            (誤:... a very good English.

            3 someとany
            冠詞を付けない代わりに、someやanyを使うことがある。
            We met some nice French girls on holiday.
            Have you got any matches?
            (詳しくはこちらを参照)

            4 the
            冠詞を付けない代わりに、話し手聞き手とお互いに「何について言っているかわかっているよね」と言いたいときにはtheを使う。
            こちらも参照)
            - I'm working with children.
            [聞き手はどの子どものことを言っているか知らない]
            How are the children?
            [=聞き手の子ども]
            - We need salt.
            [特定の塩ではなく、とりえあず塩]
            Could you pass the salt?
            [聞き手は、話し手がどの塩を指して言っているのかわかっている]

            ところが、人や事柄(things)など一般的な概念として話をする場合は、お互い何について話しているかわかっていても、theを使わずに冠詞をつけない言い方になる。
            Are dogs more intelligent than cats?
            (誤:…the dogs... the cats
            Eerybody likes music.
            (誤:…the music.)

            a coffeeやa knowledge of Spanishなどの表現については、こちらの4と6を参照。


            冠詞:a/anのいろいろ

            0

              JUGEMテーマ:外国語学習


              1 数えられる名詞と数えられない名詞
              数えられる名詞とは、数えることができる個々の物体(objects)の名前、人、考え(idea)などのこと。
              a cat - three cat
              a secretary - four secretaries
              a plan - two plans

              数えられない名詞とは、原料・材料(material)、液体や、ふつう個々の物体(objects)として認識しない事柄(things)の名前。
              wool
              (誤:a wool, two wools
              water
              (誤:a water, three waters
              weather
              (誤:a weather, four weather
              energy
              (誤:an energy, weveral energies

              2 数えられる単数名詞とa/an
              a/anは数えられる単数名詞と一緒に使う。
              a secretary 
              an office

              (誤:a salt、an offices

              3 a/anの使用例
              a/anは、名詞に意味を付け足すものではない。「one」の弱い版のようなもの。よく使う例がいくつかある。

              a 一人の人や一つの事柄
              a/anは、一人の人や一つの事柄について話すときに使う。
              There's a police car outside.
              My brother's married to a doctor.
              Andy lives in an old house.

              b 部類のなかの一つ
              a/anはそれがどんなものであれ、その部類のなかの一つについて話すときに使う。
              A doctor must like people.
              (=どんな医者であれ)
              I would like to live in an old house.
              (=どんな家でもいいから古い家)

              c 分類したり、人や事柄を定義するときにa/anを使う。それが何か、どんな仕事をしているのか、何のために使われているのかなどを言う時に使う。
              She's a doctor.
              I'm looking foward to being a grand mother.
              A glider is a plane with no engine. 
              Don't use your plate as an ashtray.

              d 描写・表現するとき
              何かを細かく描写・表現するときに名詞の前にa/anをつける。
              She's a nice person.
              That was a lovely evening.
              He's got a friendly face.
              It's an extremely hot day.

              4 a/anを絶対使わなければならないとき
              否定形、前置詞の後、割合表現の後は、a/anを入れる。
              Lend me your pen.
              〜I haven't got a pen.
              (誤:I haven' got pen.
              You mustn't go out without a coat.
              (誤:... without coat.)
              three-quarters of a pound
              (誤:three-quarters of pound

              就いている仕事や、何として使われているか、という話をするときにa/anは省略しない。(3のc参照)
              She's an engineer.
              (誤:She's engineer.
              I used my shoe as a hammer.
              (誤:...as hammer.

              5 形容詞(名詞がない)にa/anはつけない
              比較:
              It's a good car.
              It's good.
              (誤:It's a good.)

              A/anは所有格と一緒に使わない。その代わり、a... of mine/yoursなどの言い方をする。
              He's a friend of mine.
              (誤:He's a my friend.

              6 a/anとthe
              a/anの代わりに、「あなたも私もどちらも、どのことを言っているのかわかっていますね」というときにtheを使う。
              比較:
              She lives in a big house.
              [聞き手は、どこの大きい家かは知らない]
              She lives in the big house over there.
              [聞き手はどこの家かわかっている]
              詳しくはこちら

              7 aとan:違い
              母音の前では、「a = ア」とは発音せず「an = アン」に変わる。
              比較:
              a rabbit
              a lemon
              an elephant
              an orange

              aとanはスペルではなく発音によって使い分ける。

              スペルが子音かで始まっていても、母音の発音ならanをつける。
              an hour
              an MP
              スペルが母音で始まっていても、子音の発音ならaをつける。
              a university
              a one-pound coin

              hから単語が始まっていて、第一音節に強勢を置かないときに、aではなくanで発音する人もいる。
              an hotel
              (a hotelの方が一般的)
              an hisotric occasion
              (a historic...の方が一般的)
              (誤:an housewife 第一音節に強勢あり)

              aを「エイ」と発音する場合は、ためらいがあるときや、次に来る言葉を強調したい場合、またtheとの対比を出したい場合に「エイ」と発音する。
              I think I'll have a(エイ)- chocolate ice cream.
              It's a(エイ)reason - it's ot the only reason.


              冠詞3:theについてのいろいろ

              0

                JUGEMテーマ:外国語学習


                1 the=「どれ(単数複数に限らず)について話しているかわかっている」
                Theは、「どのことについて言っているかわかるよね」を示す。聞き手/読み手がどの特定の人(人々)、物(複数の物)などについて話しているかがわかる(もしくは簡単に想像がつく)ときに、名詞(単数、複数、数えられない名詞)の前にtheをつける。
                比較:
                - I'm going to the post office.
                [聞き手はどの郵便局かわかっている→いつもの所ね]
                  Is there a post office near here?
                [どこでもいいけど、とにかく郵便局]
                - I didn't like the film.
                [話し手と聞き手も見た映画]
                  Let's go and see a film.
                [話し手はどの映画についてかは言っていない]
                - She arrived on the 8.15 train.
                [話し手はどの電車かはっきり言っている]
                  She arrived in an old taxi.
                [話し手はどのタクシーかは言っていない]
                - Did you wash the clothes?
                [聞き手はどの服かわかっている]
                  I need to buy clothes.
                [聞き手はどの服のことかはわからない]
                - What did you do with the coffee I bought?
                [話し手はどのコーヒーかはっきり言っている]
                  I don't drink coffee.
                [どんなコーヒーであれ飲まない]

                聞き手/読み手は、話し手がどれについて言っているか知っているかもしれない。なぜなら、

                a それ/それらについて、既に話している場合
                She's got two children: a boy and a girl.
                The boy's fourteen and the girl's eight.
                So what did you do then?
                〜Gave the money straight back to the policeman.
                [聞き手はお金と警察のことについて既に聞いている]

                b どれを指しているのか、をはっきり伝えたい場合
                Who are the girls over there with John?
                (ジョンとあそこいるあの女の子たちはだれ?)
                Tell Pat the story about John and Susie.
                (パットにジョンとスージーのあの話をしてよ)
                I'll try the green shirt.
                その緑のシャツを着てみるよ)

                c 状況からどれを指しているのかはっきりわかる場合
                Could you close the door?
                [開いているドアはひとつしかない]
                Ann's in the kitchen.
                Could you feed the dogs?
                did you enjoy the party?
                What's the time?

                2 the=「まわりにそれ(それら)しかない」
                聞き手は、他にないから(ひとつしかない。例:太陽、月、地球、世界、宇宙、未来)または自分たちの世界では一つしかない(例:政府)という理由で何を指しているかわかる。
                I haven't seen the sun for days.
                Do you trust the govenment?
                People used to think the earth was flat.

                3 最上級
                最上級にtheをつける。なぜなら、個であれ団体であれ、最も優れたもの、最も大きなものなど、「ただ一つ」のことが多いから(だから、何について話しているか明確となる)。同じ理由で、first, next, last same, onlyにもtheがつく。
                I'm the oldest in my family.
                Can I have the next pancake?
                We went to the same school.

                4 「有名な」を意味するthe
                名前の後に、theをつけた特定の職業などをつけることで、「有名なあの人」という意味を表現できる。
                She married Richard Burton, the actor.
                I'd like you to meet Cathy Parker, the novelist.

                5 所有格や指示詞
                所有格や指示詞とともにtheは使わない。
                This is my uncle.
                (誤:... the my uncle.)
                Is that Mary's car?
                (誤:... the Mary's car?)
                I like this beer.
                (誤:... the this beer.)

                6 固有名詞(名前)
                theを単数の固有名詞につけない。(例外★★リンク★★)
                Mary lives in Switzerland.
                (誤:…The Mary lives in the Switzerland.)

                人の名前の前にthe(発音はジ [thee])をつけると、「あの有名な」の意味となることに注意。
                My name's James Bond.
                〜What, not the James Bond?
                (私の名前はジェームス・ボンドです。
                〜え?あのジェームス・ボンドじゃないですよね?)

                7 一般的なことがら
                一般的な物や事柄の話をするとき、冠詞を使わないこともある。theは使わない。theは「all」の意味ではない。
                Books are expensive.
                (誤:The books are expensive.)
                Life is hard.
                (誤:The life is hard.)

                8 発音
                Theは、母音の前はジ[thee]、子音の前はザ[thuh]と発音する。
                the ice  /[thee] ice/
                the snow /[thuh] snow/

                ジ[thee]なのか、ザ[thuh]なのかは、スペルではなく発音で判断する。
                スペルは子音でも、音が母音ならジ[thee]と発音する。
                the hour /[thee] hour(アワー)/
                the MP /[thee] MP(エムピー)/

                スペルは母音でも、音が子音ならザ[thuh]と発音する。
                the university 
                /[thuh] university(ユニバーシティ)/
                the one-pound coin 
                /[thuh] one pound coin(ワン・パウンド・コイン)

                ためらって一拍置くときや、次に来る語を強調したいときは、子音の発音で始まる言葉であっても、ジ[thee]と発音する。
                He's the [/thee/] -一拍置いて- deputy assistant vice-president.
                (彼は….副大統領の次席補佐官だ)
                I've found the [ /thee/] present for Angela!
                (アンジェラにあげるプレゼントを見つけたんだ)

                the town, the country, the sea, the montainsなどについてはこちらの4を参照。
                the bus, at the hairdresserなどはこちらの5を参照。
                その他の上級用法はこちら全体を参照。


                 


                冠詞2:基本情報

                0

                  JUGEMテーマ:外国語学習


                  1 二つの基本ルール
                  ● 「どの人/どれについて言っているかわかってるよね」という場合は、名詞の前にtheをつける。
                  I've been to the doctor.
                  [どのお医者さんかわかるよね→私のお医者さん]
                  Have you fed the dogs?
                  [どの犬のことを言っているかわかるよね]
                  Could you pass the salt?
                  [私が言っている塩が見えるよね]
                  ● 「どの人/どれについて言っているかわかってるよね」とは言えない場合は、
                  - a/anを数えられる単数名詞のあたまに置く。
                  There's a rat in the kitchen! I need an envelope.
                  - 名詞の複数形や数えられない名詞には、冠詞は置かない。
                  She's afraid of rats.
                  I need help.

                  2 避けるべきよくある4つの間違い
                  ● a/anは名詞の複数形または数えられない名詞にはつけない。
                  John collects stamps.
                  (誤:... a stamps.)
                  Our garden needs water.
                  (誤:... a water.)
                  ● 一般的な事柄について話すときにtheを使わない。Theは「all」という意味ではない。(例外はこちらを参照)
                  Elephants can swim evry well.
                  (誤:The elephants can swim...)
                  Petrol is expensive.
                  (誤:The petrol...)
                  ● my, thisなどの限定詞と一緒に冠詞は使わない。
                  my work
                  (誤:the my work
                  this problem
                  (誤:the this problem
                  a friend of mine
                  (誤:a my friend
                  ● 数えられる名詞の単数形は、冠詞や他の限定詞抜きに単独では使わない。a cat, my cat, this cat, any cat, either cat, every catと言うことはできるが、cat単独では使わない。(例外はこちらを参照)
                  Give it to the cat.
                  (誤:Give it to cat.)
                  Annie is a doctor.
                  (誤:Annie is doctor.)


                  冠詞1:イントロダクション

                  0

                    JUGEMテーマ:外国語学習


                    1 冠詞とは?
                    冠詞は名詞のあたまに置く短い語。
                    the(定冠詞)とa/an(不定冠詞)の二種類がある。

                    2 冠詞は何のためにあるのか
                    冠詞により、話し手/書き手と聞き手/読み手の双方にとってわかっている事(双方にとって明白)を話しているか、どちらにとっても、わかっていない事(双方にとって不明確)について話しているかがわかる。

                    3 冠詞って重要?
                    英文法において、冠詞の正しい使い方を理解するのは最も難しいことのひとつ。幸い、ほとんどの冠詞を間違えて使ったとしても大きな問題になることはない。文章から冠詞をすべて抜いたとしても、だいたいの意味が分かることが多い。
                    Please can you lend me pound of butter till end of week?
                    そうはいっても、できれば冠詞を正しく使った方が良い。

                     


                    | 1/1PAGES |

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    calendar

                    S M T W T F S
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    262728293031 
                    << July 2020 >>

                    PRACTICAL ENGLISH USAGE(楽天)

                    ADVANCED EVERYDAY ENGLISH(楽天)

                    Practical English Usage【電子書籍】(楽天)

                    イギリス英語Total Book CD BOOK(メール便送料無料)CD1枚付属 イギリス英語学習 アメリカ英語との違い

                    recent comment

                    recommend

                     (JUGEMレビュー »)

                    リアルな英語(英文法や英単語や熟語や句動詞など)を学ぶ手助けをしてくれる英語学習者のための本です。おすすめ!

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM

                    PR