be + 不定詞:I am to ...、 you are to... など

0

    JUGEMテーマ:外国語学習

     

    1.計画と準備(plans and arrangements):He is to visit Nigeria

    フォーマルな構文。公的なまたはその他の計画や準備について話すときに使われる。

    The president is to visit Nigeria next month. 

    We are to get a 10 per cent wage rise in June.

    I felt nervous because I was soon to leave home for the first time.

     

    予定していたイベントが行われなかったことを示したいときは、完了不定詞が使われる。

    I was to have started work last week, but I changed my mind.

    わたしは、先週仕事を始める予定だったが、考えを変えた。

     

    2.「運命(fate)」:We were to meet again.

    そのほか、「未来に隠されている/いた」ことについて言いたいとき、すなわち、そうなる運命だった(fated to happen)と言うとき。

    I thought we were saying goodbye for ever. But we were to meet again, many years later, under very strange circumstances.


    3.前提条件:If we are to get there in time ...
    主節が前提条件を表現する時、if節においてよくある構文。

    つまり、ある事が起こるとするなら(something else is to happen)、

    まず初めに何か事が起きなければならない(something must happen)、といった状況で使う構文。

     

    If we are to get there by lunchtime we had better hurry.

    「お昼までに到着するなら、急いだほうがいい」

    →主節はwe had better hurry. (急いだほうがいい)で、「急ぐ」という前提条件を表現している。

    つまり、お昼までに到着するなら、急がなければならない、といった状況。

     

    He knew he would have to work hard if he was to pass his exam.

    「彼は、試験に合格するためには、一生懸命に勉強しなければならないことをわかっていた」

    →主節は、He knew he would have to work hardで、「一生懸命勉強しなければならないことを知っていた」という前提条件を表現している。

    つまり、試験に合格するためには、一生懸命勉強しなければいけないことをわかっていた、という状況。

     

    4.命令:You are to do your homework

    命令を与えるときに使われる構文。主に親が子どもに言う場合。

    You are to do your homework before you watch TV.

    She can go to the party, but she's not to be back late.

     

    5.be + 受動不定詞:It is not to be removed

    be + 受動不定詞は、注意書きや指示書きなどによく使われる。

    am/are/is (not) to be + 受動不定詞

     

    This cover is not to be removed.

    「このカバーは外さないこと」

     

    受動不定詞のみ使われることもある。

    To be taken three times a day after meals.(薬の瓶などの使用上の注意)

    「1日3回食後に服用すること」

     

    be+受動不定詞の、その他のよくある表現:

    There's nothing to be done.「行われるべきことは何もない」 

    She was nowhere to be found.「彼女はどこにも見つからなかった」

    I looked out of the window, but there was nothing to be seen.

     

    6.時制

    この構文は、現在形と過去形でのみで使用されることに注意すること。

    somebody has been to go somewhereや、will/must be to go somewhereと言うことはできない。

    分詞構文(being to go)でも使えない事にも注意すること。

     

     


    | 1/1PAGES |

    selected entries

    categories

    archives

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    PRACTICAL ENGLISH USAGE(楽天)

    ADVANCED EVERYDAY ENGLISH(楽天)

    Practical English Usage【電子書籍】(楽天)

    イギリス英語Total Book CD BOOK(メール便送料無料)CD1枚付属 イギリス英語学習 アメリカ英語との違い

    recent comment

    recommend

     (JUGEMレビュー »)

    リアルな英語(英文法や英単語や熟語や句動詞など)を学ぶ手助けをしてくれる英語学習者のための本です。おすすめ!

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    PR